Windows Update で KATANA01 のタッチパネルの精度が改善

KATANA01 に Windows Update で 10586.36 が降ってきていたので、アップデートしたところ、
タッチパネル下部分の精度が非常に悪かったのが改善されました。

正直ソフトキーボードで文章を入力するのが苦痛なレベルで悪かったのが、まともに使えるレベルになりました。
まだもっさりとはしていますが、これは端末スペック上しかたがない部分ですので。。

ハードウェアの不具合ではなくてよかったよかった。

KATANA01にUWPアプリをインストールしてみた

KATANA01買いました に続いて、
とりあえず自作アプリをインストールしてみるところまでやってみました。

USB接続でデバッグ実行する

KATANA01をUSB接続した状態で Visual Studio 2015 を起動して、Universal アプリのプロジェクトを作成、
MainPageに適当にテキストを配置してビルド。ビルドターゲットは ARM + Device にします。

vs_ss_hello

そしてデバッグ実行。

wp_ss_app1

動いたー。
これは簡単に動作しました。

色々調べていると、どうやらWiFi経由でデバッグ実行できるらしい。
ということを知ってしまったのが運の尽き。
ここからすごい勢いでドハマりするのであった。。
本当の地獄はここからだ!

WiFi経由でリモートデバッグする

USB接続を解除して、ビルドターゲットを ARM + リモートコンピューター (Remote Machine) にします。

vs_ss_target_remote

接続先を設定するダイアログが表示されます。
すると、自分のKATANA01が表示されているので選択し、デバッグ実行します。

vs_ss_remote_dialog

PINを要求されるので、デバイスポータルでログインしたときと同じように端末でPINを発行して入力。
が・・・ダメ・・・!

vs_ss_wp_pinerror

何度やってもWindowsやVisual Studio、端末を再起動してもダメ。
ペアリングをすべて解除してもダメ。
Windows 10 も最新の build 10586 にアップデートしてもダメ。
Visual Studio は Update 1。

ネットを検索してみると、同じような症状でハマっている人が多数。

レジストリをいじってみましたが、DEP6100, DEP6200が消えただけでデプロイに失敗するのは変わらず。
今のところWiFi経由でリモートデバッグは出来ていません。
もう少しこなれてからなんですかねー。

KATANA01買いました

発売日には届いたもののあまり触る時間が無く放置していましたが、
Windows 10 Mobile デバイスの KATANA01 を購入しました。

https://www.freetel.jp/product/smartphone/katana01/

Windows Phone の新しい実機を開発用に用意したいなーと思っていたところに
安価な端末が登場したのでこれはちょうど良いなと。

ざっと触ってみた所感

  • 動作が若干もっさり。昔のAndroid端末みたいな感じ。
  • 画面下部のタッチパネルの精度が相当おかしい。(座標がずれてる?)
  • ゲームは割とさくさく動く。(FF3が安定して30FPSぐらいでる)
  • CPU不足なのかEdgeもかなり重い。

普段使いにするにはちょっと厳しいという所。
まあ、開発用なので個人的には問題なし。

とりあえず開発機として設定

メニューから、開発用の設定をONにしていきます。

wp_ss_main wp_ss_config

wp_ss_update

wp_ss_dev1 wp_ss_dev2

これで開発用に使えます。

デバイスポータル

Windows 10 Mobileになって良くなったと思ったのは、こちらのデバイスポータル機能。
リモートからブラウザ越しにデバイスを管理する事ができるモノです。

ブラウザで端末のIPアドレスを指定してアクセスすると、PINを要求されます。
設定画面スクリーンショットの「ペアリング」ボタンをタップすると、PINが発行されるのでここに入力します。

wp_ss_dp_pin

出来る事としては、こんな所のようです。
素の状態でここまで出来るとはちょっと予想外。

  • アプリのインストール・管理

wp_ss_dp_apps

  • 各プロセスの情報やリソース使用状況の確認

wp_ss_dp_processes

  • リソースの使用状況メトリクスの確認

wp_ss_dp_stats

  • デバイスの情報確認

wp_ss_dp_devicemanager

  • ネットワーク設定の確認

wp_ss_dp_network1

wp_ss_dp_network2

イマドキな開発者向けツールという感じでよく出来てます。

WinObjC雑感

公開から少し間が空いてしまいましたが、
WinObjCについて触れてみたので、感想を書いておこうと思います。

WinObjCとは

Microsoftが公開している、Windows上でObjective-C(iOS)のソースコードをコンパイルできるようにする、ブリッジモジュールの事です。

https://github.com/Microsoft/WinObjC/

今のところプレビュー版で、ARM向けのバイナリが生成できないなど、色々と制約はあります。

サンプルの動かし型

前述のgithubからSDK一式zipをダウンロードして展開し、
VisualStudio2015でソリューションファイルを開き、ビルドして実行するだけです。動かすだけなら超簡単だった。

WinObjC_Sample

ちゃんと.mファイルを修正すると、その通りバイナリにも反映されています。

WinObjC_Sample2

そして、Objective-Cのコードにバグを仕込むと、コンパイル時にちゃんと検出してくれています。

WinObjC_Errors

イケてるところ

  • Windows上でiOSアプリの動作確認ができる。(これが最重要ですねw)
  • VisualStudioで設定したブレークポイントでちゃんとブレークできる。
  • C++なんかと同様、ブレーク時点でのイミディエイトウィンドウで変数の値を確認できる。

微妙なところ

  • UIコンポーネントのサンプルもあったけれど、iOSとはデザインが微妙に異なるため、見た目の確認には厳しいかも。
  • Objective-Cのコードに合わせてエディタがハイライトされない。
  • IntelliSenseやフォーマッター、関数・クラス定義へのジャンプもできない。
  • 動的なシンタックスエラーチェックなどもできない。

まだプレビュー版なので、正式版に期待といったところでしょうか。
VisualStudioで開発できるようにするからには、IDEのサポートも期待したいところです。
ちなみに、サンプルの範囲で確認しただけなので、ライブラリの利用は試していません。

Windows 10の PackageManagement を試してみた

WinObjCも大変気になるところですが、、
今日はWindows 10のパッケージマネージャのマネージャOneGet改めPackageManagementを試してみようと思います。
うまくすれば、構成管理ツールに組み込んでWindowsのセットアップを自動化できるかもしれません。

ちなみにGitHubはこちら
https://github.com/OneGet/oneget
ビルドするにはVisual Studioが必要ですが、Windows 10なら標準でインストールされています。

パッケージマネージャの準備

まずはパッケージマネージャにchocolateyを追加します。

おおよそ https://github.com/OneGet/oneget/wiki/cmdlets の手順の通りやればOKなのですが、
1点私がハマったのは、一見インストールが終わったように見えるのにインストールされていない問題。
デフォルトだとダウンロードしたインストールスクリプトの実行に失敗するように設定されているため、Set-ExecutionPolicy を実行して、署名付きであればダウンロードしたスクリプトは実行できるようにしておきましょう。
(ちなみにpowershellを管理者権限で実行する必要があります)

PS > Set-ExecutionPolicy RemoteSigned

パッケージをインストールする

代表的なパッケージがこちらに一覧されています。
https://chocolatey.org/packages

とりあえずAtomをインストールしてみましょう。

PS > Install-Package atom

Name                           Version          Source           Summary
----                           -------          ------           -------
Atom                           0.174.1          chocolatey       Atom: A hackable text editor for the 21st Century

これでインストール完了です。

install-package-atom

起動もバッチリでした。

Windows 10ことはじめ

遅ればせながらWindows10を愛用のSurface Pro 3にインストールしました。

インストールメディアはこちらから。
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

無線LANでダウンロードしたのでインストール完了まで1時間程かかりました。

インストーラ画面

windows10_1

(マウスが写っちゃってる・・・)
windows10_4

新しい設定画面

windows10_6

新しいブラウザ Edge

Edge は思った以上に快適です。
そろそろブラウジング用途ではChromeをわざわざインストールする必要は無いかもしれませんね。
ただ、一つ気になったのは、高解像度モニタに合わせて表示すると、画像が拡大され、すこしぼけてしまう点。

windows10_8

Chromeはきれいに表示できるのですが、Edgeでは少しぼけて表示されました。
まあ私は気にならないのですが、人によっては嫌だという方もいらっしゃるのでは、という程度にはわかるレベルです。
設定画面にはそれらしい項目が見当たらず、軽く改善方法を探してみたのですが、情報が見つかりませんでした。
もしご存じの方がいらっしゃったら伺いたいところです。

Windows10については別途色々調査してみようと思います。